ヒゲを毛抜きで抜くことがある男性がいるといいます。
確かに、ヒゲを剃るよりも抜いたほうがきれいに見えるような気がするからでしょう。
毛抜きで毛を抜くと、数日間は毛が生えてきませんから、ヒゲ剃りの手間も省けると思うのではないでしょうか。
ところが、毛抜きでヒゲを抜いていると思わぬトラブルが発生しかねません。
その代表例が、埋没毛です。
ヒゲには生えている方向があり、動物でいえば毛並みとなります。
毛並みに沿って毛を抜かないと、次に生えてこようとするヒゲは方向性を失ってしまいます。
そのため、毛穴にヒゲが埋没してしまったり縮れた毛が伸びてきたりするのです。
埋没毛の困ったところは、毛穴をふさいでしまうということです。
これにより、毛穴の中にばい菌や皮脂がたまってしまう可能性があります。
皮膚の中に埋まって見えるヒゲが気になって、無理に皮膚をいじって傷つけてしまう人もいるでしょう。
そんなことになったら、ヒゲに悩んでいる場合ではありません。
さらに目立つ結果になってしまい、職場でも困った事態になる恐れがあります。
悪化して、結局医者にかかる羽目に陥るかもしれません。
そのために費用をかけるよりは、適正な価格のメンズクリニックでヒゲ脱毛を受けるほうが、先々を見越しても経済的なのではないでしょうか。

おすすめの記事